みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

3度目の緊急事態宣言(+延長)で
ペップの地元の神戸では

ミニシアター以外の映画館は、
平日は19時で営業終了+
土日は終日休業という、

平日の朝~夜迄仕事をしている人間にとっては
(なんらかの理由で仕事を抜けないかぎり)
映画館で映画を観るのは
とても難しい状況が続いています。

映画館には行けないのに
上映カレンダーだけはどんどん進んで
結果観逃しの可能性大という状況は、

これまでの緊急事態宣言の中でも
一番キツい状況です。

そんな状況ですので
「困った時のNetflix作品」を
今回もお題にさせて頂きます。

というわけで
2021年5月開催の
「ツイシネ」Vol.139!

お題はこの↓作品です!

続きを読む

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

映画を色々観ていると
「みんな大好き〇〇」という表現に
ピッタリの作品があります。

たとえば思春期もの。
たとえばタイムループもの。
たとえば体入れ替わりもの。

みんな大好きですし
秀作・名作も
たくさんありますよね?

これらの物語を自らの監督作で
次々と実現するだけじゃなく、
そこにホラー要素を加えて
より娯楽作に仕上げる監督の新作が
日本でもようやく公開となります!

というわけで
2021年4月開催の
「ツイシネ」Vol.138!

お題は↓この作品です!

続きを読む

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

4月にずれ込んだアカデミー賞の
主要部門にノミネートされた
「最有力作品」は
「車上生活」がテーマだとか。

実は私ペップも
僅か一ヶ月ほどですが、
阪神淡路大震災当時に
車上(避難)生活経験があります。
(僅か一ヶ月でも車上生活はつらいよ)

映画で描かれている車上生活とは
おそらく状況や意味合いも
大きく異なると思うのですが、

それでも劇中の登場人物達を
取り巻く状況やその気持ちが
少しは理解が出来るのではないかと
(おそらくキツい話だとは思いますが)
鑑賞を心待ちにしております。

というわけで
2021年3月開催の
「ツイシネ」Vol.137!

お題は↓この作品です!

続きを読む

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

10都府県で緊急事態宣言が
いまだ続いておりますが、
予定通り公開されるようですので
今月は劇場公開新作がお題です。

そんな今回のお題映画も
この表現をされているようですが、
「問題作」という言葉があります。

この「問題作」って
一体なんなのでしょう?

割と簡単に使われる言葉ですが、
使う側はあまり深く考えていない
ような気がします。

「考えさせられる作品=問題作」
というなんとも漠然としたイメージで
使われている事が大半ではないでしょうか?

私が考える「問題作」の意味は、
「社会の暗部に光を当てて
そこに潜む問題を明らかにする作品」
です。

これに則って考えると
「ドキュメンタリー=問題作」
となる場合が多いのですが
今回のお題はフィクション。

はたして今回のお題は、
「フィクションだから」
という観る側の固定観念をはねのけ
どこまで「問題作」になっているのか?

今回はそこにも注目して
お題映画と対峙したい
と考えています。

ということで、
2021年2月開催の
「ツイシネ」Vol.136!

お題は↓この作品です!

続きを読む

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

2021年もツイシネと
ツイシネポッドキャストを
どうぞよろしくお願い申し上げます。

(そんな大層な話じゃないですが)
ぶっちゃけますけど、
2021年1発目のお題は
ザ・スイッチ』を
予定していました。

が、2度目の緊急事態宣言の影響で
上映時期未定の延期となりました…。

このような状況下でも映画館は
レイトショーをカットしつつも
営業を続けてくれていますので、
なんとかその中から
お題を選びたいと思ったのですが、

全国どこでも観られるような
劇場公開作品をお題に選ぶ
ツイシネとしては、

選んでから上映延期となる可能性も
決してゼロとは言えない状況下では
お題選びが大変難しい。

劇場公開新作映画
応援SNSイベントとしては
正に苦渋の選択ですが、

こんな時は再び
Netflix作品に舵を切って、
緊急事態宣言が解除になり
直前上映延期の恐れがなくなるまで
お題にしていこうと思います。

ということで、
2021年1月開催の
「ツイシネ」Vol.135!

お題は↓この作品です!

続きを読む

Design Stuidio Andante 提供
【2020.10.23.収録】
(編集担当メンバー:ルシフ様)

ツイシネ( #twcn )
ポッドキャスト44回裏

『ゾンビランド:ダブルタップ』
です。

お相手を務めるのは
ペップ(ツイシネ #twcn 主宰)

44回表に引き続いて
よーしゅけさん!

44回裏では我々がどのように
『ゾンビランド:ダブルタップ』を観たか、
鑑賞直後の体での
感想をお伝えしてから

収録までに #twcn で頂いた
ツイートやフォームからの感想を
抜粋してご紹介しております!

ツイシネポッドキャストの感想も
 #twcn で随時募集しております!

ツイシネご参加時と同様、
twitterでのPOSTに
 #twcn をつけていただければ
次回の収録の際に
抜粋してご紹介致します。

鍵付アカウントの方や
 #twcn でのPOSTが難しい方や
長文の投稿がしたい方は、

ご意見・ご感想・ご要望フォーム
からお願いします!

ツイシネ( #twcn) では
専属広報が
各SNSから
それぞれ独自で情報を
発信しております。

Twitter( @tw_cn )
Facebookページ
instagram
LINE@
YouTubeチャンネル
togetter

フォローやいいねが励みになります!
よろしければチェック&フォローを
何卒よろしくお願いします!

Apple Podcastでの
無料サブスクリプション
登録は↓から!
ツイシネ( #twcn )Podcast
【映画のポッドキャスト】

Spotifyでの
無料サブスクリプション
登録は↓から!
ツイシネ( #twcn )Podcast
【映画のポッドキャスト】

【WEBサイト】
ツイシネ on the line

“Music:Bensound.com

Design Stuidio Andante 提供
【2020.10.23.収録】
(編集担当メンバー:ルシフ様
)

ツイシネ( #twcn )
ポッドキャスト44回表

『ゾンビランド:ダブルタップ』
です。

お相手を務めるのは
ペップ(ツイシネ #twcn 主宰)

唯一守り続けた
最後の砦である車中収録が、
コロナなアイツのお蔭で
出来なくなり、

もはや体でのみ成り立つ
ポッドキャストとなった、
記念すべき?最初の相方として
ご参加頂いたよーしゅけさん!

鑑賞直前の体で収録した
表の回でございます。

よーしゅけさんと
ツイシネポッドキャストとの出会いや
コロナ禍での映画鑑賞スタイルの
話からスタートし、

10年振りの続篇である
『ゾンビランド:ダブルタップ』にのぞむ
我々の心境を話した後に
鑑賞前に皆さんから頂いた
ツイートをご紹介しています。

ツイシネポッドキャストの感想も
 #twcn で随時募集しております!

ツイシネご参加時と同様、
twitterでのPOSTに
#twcn をつけていただければ
次回の収録の際に
抜粋してご紹介致します。

鍵付アカウントの方や
#twcnでのPOSTが難しい方や
長文の投稿がしたい方は、

ご意見・ご感想・ご要望フォーム
からお願いします!

ツイシネ( #twcn) では
専属広報が
各SNSから
それぞれ独自で情報を
発信しております。

Twitter( @tw_cn )
Facebookページ
instagram
LINE@
YouTubeチャンネル
togetter

フォローやいいねが励みになります!
よろしければチェック&フォローを
何卒よろしくお願いします!

専属広報卒業に伴い
TwitterとLINE@の広報を
現在も募集しております。

こちらへの立候補も
ご意見・ご感想・ご要望フォーム
からお願い致します。

Apple Podcastでの
無料サブスクリプション
登録は↓から!
ツイシネ( #twcn )Podcast
【映画のポッドキャスト】

Spotifyでの
無料サブスクリプション
登録は↓から!
ツイシネ( #twcn )Podcast
【映画のポッドキャスト】

【WEBサイト】
ツイシネ on the line

“Music:Bensound.com

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

2020年はコロナ禍で
世界中の全ての人々が
その影響を受けましたが、

こと我々が大好きな
映画館での映画鑑賞も
今尚不自由な状況が
世界中で続いております。

そしてそれは
ビッグバジェットの映画公開に
延期という形で影響を与え、

辛うじて営業を続けている
日本の映画館や映画ファンにも
重くのしかかっています。

いつ晴れるともわからない
コロナ禍の現在ではありますが、
可能な方は劇場に足を運んで
年末年始ぐらい気分転換したい!

そんな閉塞した映画ファンの気分に
まさに救世主のように
久々にビッグバジェット作品が
日本では劇場公開されますので、

ツイシネの2020年オーラスは
こちらをお題とさせて頂きます。

2020年12月開催の
「ツイシネ」Vol.134!

お題は↓この作品です!

続きを読む

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

人を傷つけたり、
誰かの犠牲の上でしか
成り立たない娯楽など、
そもそも必要なかった訳ですが、

コンプライアンスの遵守が求められ
クレームが可視化される今となっては、
娯楽からどんどん距離を置いているような
気さえする今日この頃のTV局。

そんな品行方正?を目指すかのようなTV局が、
なんらかの忖度によってとしか
考えられないようなキャスティングを
続けているのはどういう訳でしょう?

それは、
需要もあるし出演もしたいと思う誰かを
傷つけている事にならないのでしょうか?

コンプライアンスより遵守すべきものが
TV局にはあるのでしょうか?

私個人としては
そんな自己矛盾を抱えているTV局の
出演に拘る必要はないと思いますし、
活躍の場を映画に求めるのは
映画ファンとして嬉しいですし、
それが素晴らしい作品であれば
こんなに幸せなことはないと思います。

素晴らしい作品は
世界で残り続けますから。

というわけで今月は、
おそらくそんな背景を持って
製作&公開されるであろう、
と私が勝手に思っている日本映画を
お題とさせて頂きます。

2020年11月開催の
「ツイシネ」Vol.133!

お題は↓この作品です!

続きを読む

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

先月は幸いにも
『TENET テネット』が公開され、
ツイシネとしても
お題にすることが出来ましたが、

引き続き
アメリカ未公開の大作は、
日本でも延期につぐ延期となり
上映確定がいつになるのか
先行きは不透明です。

日本全国で同日公開となるような
比較的公開規模が大きい作品を
ツイシネはお題としている関係上、

このままの状況が続けば
しばらくはお題として
日本映画を選ぶ機会が
これまで以上に増えてくるでしょう。

となると気になるのは
日本映画の質です。

今、映画館で映画を観て
「素晴らしかった」
「また映画館に行こう」
となるかどうかは、

今後公開される日本映画の
質に左右されると言っても
過言ではないでしょう。

というわけで今月は
日本映画にかかる期待が
より増してくる今まさに、
公開される日本映画を
お題とさせて頂きます。

2020年10月開催の
「ツイシネ」Vol.132!

お題は↓この作品です!

続きを読む