過去のお題

ドラマと映画、どっち向きか?ツイシネ #twcn Vol.140『RUN/ラン』

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

コロナ禍でおそらく世界中の人が
映画やドラマ等の映像作品を
配信で観る事が増えたと思います。

アメリカ等では
ワクチン接種も進み
映画館も徐々に賑わいを
取り戻しているようですが、

だからといって
加速がついた配信の勢いが
衰えを見せる事はないでしょう。

そうなると今後の映像作品は
配信か劇場公開かを
あらゆる面で天秤に掛けるでしょうし、

どちらに向いている題材なのかで
配信か劇場公開かを決めるケースも
当然増えてくる事が予想されます。

今月のお題は
その両方で映像化された
実話ベースの作品になります。

というわけで
2021年6月開催の
「ツイシネ」Vol.140!

お題はこの↓作品です!

娘を溺愛する母親の愛情が
狂気へと変貌するサイコスリラー。
生まれながらの病気で
車椅子生活を余儀なくされている娘と、
彼女に病的な愛情を注ぐ母親の
危うい関係を描く。
(引用:シネマトゥデイ)

『RUN/ラン』です!

「ディーディー・ブランチャード殺害事件」
を題材にした作品は、
アメリカではHuluオリジナルドラマとして
配信されました。
(日本ではAppleTV+やAmazonプライム経由で
STARZPLAYと契約することで視聴可能。
タイトルは『見せかけの日々』)

『RUN/ラン』自体は
日本の公式WEBサイトを見る限り
「ディーディー・ブランチャード殺害事件」を
基にした作品との記述は見つかりませんが、

少なくとも着想を得たのは間違いないので
映画と配信ドラマの両方で映像化された作品
と言って差し支えないでしょう。
(とはいえアメリカでは
コロナ禍で劇場公開は叶わず、
ドラマと同じくHuluで配信されたようですが)

また監督は
『search/サーチ』での斬新な手法で
一躍その名を世界に知らしめた
アニーシュ・チャガンティ監督。

当然『見せかけの日々』
チェックしたでしょうから、
どのような手法で映画化したのか?
そもそもこの事件は
ドラマと映画のどちら向きの題材なのか?等、
興味は尽きません。

幸い日本では
映画館での上映が叶いましたので、
鑑賞に最適な環境で
集中した90分を過ごした後に、

ネタばれなしの感想に
ハッシュタグ #twcn をつけて
共有して頂ければ幸いです。

「ツイシネ」Vol.140
『RUN/ラン』公開にあわせて
2021年6月18日-6月20日の
3日間(金-日)開催!

3日間の何れかご都合のつく日時に
(ご都合がつかない方は後日参加勿論OK!)
『RUN/ラン』最寄りの劇場でご覧頂き、

鑑賞前後の「アツい」思いや
「ネタバレなし」の感想を、
ハッシュタグ #twcn も付けて
POSTして頂ければ、
「ツイシネ」Vol.140への
ご参加完了となります!

いつもどおり
感想の賛否は一切不問です!

ハッシュタグ #twcn
鑑賞前後にネタバレなしPOSTした後は
ぜひともツイシネポッドキャスト
お聴きくださいませ!

ツイシネからのお知らせ諸々は
各種SNS
で専属広報が独自に
告知を致しますので、
ぜひフォローをお願い致します!

専属広報卒業に伴い
TwitterとLINE@の広報を
現在も募集しております。

お手伝い頂けそうな方は
ご意見・ご感想・ご要望フォーム
からご一報ください。

ポッドキャストの収録迄に頂いた
ハッシュタグ #twcn を付けての
twitterでのPOSTや

ご意見・ご感想・ご要望フォーム
から頂いたPOSTは

ツイシネポッドキャスト
勝手に抜粋してご紹介致します!

月に一度の「ツイシネ」イベントで、
特別な映画体験を共有しましょう!

最新の音声はこちらから

ツイシネ( #twcn )とは

2009年11月より、主にtwitterで活動。 『明日初めて映画を観るという人でも安心してチェック出来るハッシュタグ』を目指し #twcn を創設。
主宰はペップ 日本全国どこに住んでいても、同じタイミングで参加出来るように、 『月に一回上映規模が大きく、且つ面白そうな作品』をお題映画にして 「ネタバレなし」の感想に #twcn を付けてのPOSTを募る 「劇場公開新作映画応援SNSイベント」を開催している。 初めての方も気軽にご参加ください!