「問題作」とは?
ツイシネ #twcn Vol.136
『すばらしき世界』
#すばらしき世界

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

10都府県で緊急事態宣言が
いまだ続いておりますが、
予定通り公開されるようですので
今月は劇場公開新作がお題です。

そんな今回のお題映画も
この表現をされているようですが、
「問題作」という言葉があります。

この「問題作」って
一体なんなのでしょう?

割と簡単に使われる言葉ですが、
使う側はあまり深く考えていない
ような気がします。

「考えさせられる作品=問題作」
というなんとも漠然としたイメージで
使われている事が大半ではないでしょうか?

私が考える「問題作」の意味は、
「社会の暗部に光を当てて
そこに潜む問題を明らかにする作品」
です。

これに則って考えると
「ドキュメンタリー=問題作」
となる場合が多いのですが
今回のお題はフィクション。

はたして今回のお題は、
「フィクションだから」
という観る側の固定観念をはねのけ
どこまで「問題作」になっているのか?

今回はそこにも注目して
お題映画と対峙したい
と考えています。

ということで、
2021年2月開催の
「ツイシネ」Vol.136!

お題は↓この作品です!

『ゆれる』『永い言い訳』などの
西川美和が脚本と監督を手掛け、
佐木隆三の小説「身分帳」
原案に描く人間ドラマ。

原案の舞台を
約35年後の現代に設定し、
13年の刑期を終えた元殺人犯の
出所後の日々を描く。
(引用:シネマトゥデイ)

『すばらしき世界』です!

先ほど「社会の暗部」
という表現を使いましたが、
今回のお題にあてはめると
それは主人公が元殺人犯だから
という箇所だけではありません。

更生して現代社会に適応しよう
と悪戦苦闘する人を、
ある種「食い物」に仕上げる
メディアだってそうです。

それを喰らう我々は、
常に「社会の暗部」に近い所で生活をし、
無意識のうちに共犯関係すら結んでいる。

そんな我々も「社会の暗部」
といえるのではないでしょうか?

物語がどう進むのか?
予告編以外の事は知らずに
適当な事を書いていますが、
そんなドスンとした衝撃を期待しつつ
劇場に足を運びたいと思います。

皆さんがどういう感想を持たれるのか?
お題映画を観終わった後は
ネタばれなしの感想に
ハッシュタグ #twcn をつけて
共有して頂ければ幸いです。

「ツイシネ」Vol.136
『すばらしき世界』公開日にあわせて
2021年2月11日-2月14日の
4日間(木祝-日)開催!

4日間の何れかご都合のつく日時に
(ご都合がつかない方は後日参加勿論OK!)
最寄りの劇場
『すばらしき世界』をご覧頂き、

上映前後の「アツい」思いや
「ネタバレなし」の感想を、
ハッシュタグ #twcn も付けて
POSTして頂ければ、
「ツイシネ」Vol.136への
ご参加完了となります!

いつもどおり
感想の賛否は一切不問です!

ハッシュタグ #twcn
鑑賞前後にネタバレなしPOSTした後は
ぜひともツイシネポッドキャスト
お聴きくださいませ!

ツイシネからのお知らせ諸々は
各種SNS
で専属広報が独自に
告知を致しますので、
ぜひフォローをお願い致します!

専属広報卒業に伴い
TwitterとLINE@の広報を
現在も募集しております。

お手伝い頂けそうな方は
ご意見・ご感想・ご要望フォーム
からご一報ください。

ポッドキャストの収録迄に頂いた
ハッシュタグ #twcn を付けての
twitterでのPOSTや

ご意見・ご感想・ご要望フォーム
から頂いたPOSTは

ツイシネポッドキャスト
勝手に抜粋してご紹介致します!

月に一度の「ツイシネ」イベントで、
特別な映画体験を共有しましょう!