日本映画にかかる期待
ツイシネ #twcn Vol.132
『罪の声』 #罪の声

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

先月は幸いにも
『TENET テネット』が公開され、
ツイシネとしても
お題にすることが出来ましたが、

引き続き
アメリカ未公開の大作は、
日本でも延期につぐ延期となり
上映確定がいつになるのか
先行きは不透明です。

日本全国で同日公開となるような
比較的公開規模が大きい作品を
ツイシネはお題としている関係上、

このままの状況が続けば
しばらくはお題として
日本映画を選ぶ機会が
これまで以上に増えてくるでしょう。

となると気になるのは
日本映画の質です。

今、映画館で映画を観て
「素晴らしかった」
「また映画館に行こう」
となるかどうかは、

今後公開される日本映画の
質に左右されると言っても
過言ではないでしょう。

というわけで今月は
日本映画にかかる期待が
より増してくる今まさに、
公開される日本映画を
お題とさせて頂きます。

2020年10月開催の
「ツイシネ」Vol.132!

お題は↓この作品です!

かつて日本を震撼させた事件を
モチーフにした塩田武士の小説を映画化。

昭和の未解決事件をめぐる
二人の男の運命を映し出す。
(引用:シネマトゥデイ)

罪の声です!

グリコ森永事件をリアルタイムで
知っている世代にとってはもちろん、
塩田武士さんの原作で事件を知った世代も
要注目の作品ではないでしょうか。

同じ塩田武士さん原作で
実写映画化となる『騙し絵の牙』は
2021年に公開が延期されましたから、
奇しくも原作の出版と同じ順番で
劇場公開と相成りました。

今後より問われてくる(であろう)
日本映画の質を本作は
より高めてくれるのか否か…。

私ペップも劇場で鑑賞して
そこもチェックしたいと思います。

小栗旬さんや星野源さんファンの方も
大勢で劇場に足を運ばれることでしょう。

劇場に行く事が可能な状況の方は
ぜひご参加くださいませ!

そしてネタばれなしの感想を
ハッシュタグ #twcn
共有して頂ければ幸いです。

「ツイシネ」Vol.132
罪の声公開日にあわせて
2020年10月30日-11月1日の
3日間(金-日)開催!

3日間の何れかご都合のつく日時に
(ご都合がつかない方は後日参加勿論OK!)
最寄りの劇場罪の声をご覧頂き、

上映前後の「アツい」思いや
「ネタバレなし」の感想を、
ハッシュタグ #twcn も付けて
POSTして頂ければ、
「ツイシネ」Vol.132への
ご参加完了となります!

いつもどおり
感想の賛否は一切不問です!

ハッシュタグ #twcn
鑑賞前後にネタバレなしPOSTした後は
ぜひともツイシネポッドキャスト
お聴きくださいませ!

ツイシネからのお知らせ諸々は
各種SNS
で専属広報が独自に
告知を致しますので、
ぜひフォローをお願い致します!

専属広報卒業に伴い
TwitterとLINE@の広報を
現在も募集しております。

お手伝い頂けそうな方は
ご意見・ご感想・ご要望フォーム
からご一報ください。

ポッドキャストの収録迄に頂いた
ハッシュタグ #twcn を付けての
twitterでのPOSTや

ご意見・ご感想・ご要望フォーム
から頂いたPOSTは

ツイシネポッドキャスト
勝手に抜粋してご紹介致します!

月に一度の「ツイシネ」イベントで、
特別な映画体験を共有しましょう!