映画における
ジェンダーの過渡期
ツイシネ #twcn Vol.125
『ハーレイ・クインの
華麗なる覚醒
BIRDS OF PREY』
#ハーレイクイン

みなさん、こんちゃ~っす!

「ツイシネ」 ( #twcn )の主宰、
ペップでございます。

映画におけるジェンダー表現は
近年少しずつ変わってきましたが、

映画業界で働く人にとっては
まだまだ製作現場に女性が少ないなど、
機会が均等にあるとはいえない
等はよく聞く話です。

過去の映画製作の現場では
そのほとんどを男性が占めていた
という事実を考えれば、
これからの映画製作の現場では
そのほとんどを女性が占めることも
当然増えてくるでしょう。

そんな”ジェンダーの過渡期”
ともいうべき映画製作において、
その象徴となりそうな作品が
日本でも封切られます。

それをツイシネでは
2020年3月のお題とさせて頂きます!

「ツイシネ」Vol.125!
お題は↓この作品です!

『スーサイド・スクワッド』で、
ジョーカーの恋人として登場した
ハーレイ・クインが主人公のアクション。

ハーレイ・クインが、
裏世界を支配するブラックマスクと戦う。
(引用:シネマトゥデイ)

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』
です!

女性で構成された
“最凶チーム”(公式サイトより)
ですから役者陣はもちろんのこと、

監督・脚本等の主要スタッフも女性
という作品製作自体が
メッセージになっている一作。

こういう事が
話題の一つになるのも
“ジェンダーの過渡期”
といえるでしょう。

これから先の時代は
男性だ女性だと言わずとも、
それぞれの特性を活かした上での
映画製作が主流となるでしょうし、

男性だから女性だからといって
その評価に違いが出る事も
どんどんなくなるでしょう。

そうした実力勝負の映画製作は
観る側にとってもワクワクしますし、
より面白い作品が観られる事は
映画ファンにとっての望みでもあります。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』
はその出来においても、
“ジェンダーの過渡期”の作品をリードする
作品となるのか否か?

そんなところも
見どころにしながら、
ネタばれなしの感想を
ハッシュタグ #twcn
共有して頂ければ幸いです。

「ツイシネ」Vol.125
『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』
公開にあわせて
2020年3月20日-3月22日の
3日間(金祝-日)開催!

3日間の何れかご都合のつく日時に
(ご都合がつかない方は後日参加勿論OK!)
最寄りの劇場
『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』
をご覧頂き、

上映前後の「アツい」思いや
「ネタバレなし」の感想を、
ハッシュタグ #twcn も付けて
POSTして頂ければ、
「ツイシネ」Vol.125への
ご参加完了となります!

いつもどおり
感想の賛否は一切不問です!

試写会等で公開日前に
ご覧になった方も
ぜひご参加くださいませ。

ハッシュタグ #twcn
鑑賞前後にネタバレなしPOSTした後は
ぜひともツイシネポッドキャスト
お聴きくださいませ!

タキがお休みの間は
ペップと一緒に収録してくださる
パートナーを随時募集中です。

我こそはとお思いの方は、
ご意見・ご感想・ご要望フォーム
からぜひご応募ください。

その他お知らせ諸々は各種SNS
専属広報が独自に告知を致しますので、
ぜひフォローをお願い致します!

専属広報卒業に伴い
TwitterとLINE@の広報を
現在も募集しております。

こちらへの立候補も
ご意見・ご感想・ご要望フォーム
からお願い致します。

ポッドキャストの収録迄に頂いた
ハッシュタグ #twcn を付けての
twitterでのPOSTや

ご意見・ご感想・ご要望フォーム
から頂いたPOSTは

ツイシネポッドキャスト
勝手に抜粋してご紹介致します!

月に一度の「ツイシネ」イベントで、
特別な映画体験を共有しましょう!